上達を無理強いしない。

前回の記事では、僕自身がトロンボーン演奏の不調と向き合う中で出会ったアレクサンダーテクニークのレッスンについて書きました。そのレッスンでは、自分にとって新しいやり方を選択して演奏する体験をし、その結果は今までと比べシンプルでラクだに音が鳴ったというものでした。

また、このレッスンで学んだことは、「上達する機会は自分自身で創れる」ということでした。

 

自分の音・演奏が許せない、受け入れられないから練習していた

もともと自分の演奏についての自己評価が高いわけではありませんでしたが、不調に悩み始めてからは「出来ていたことが出来なくなった、以前の自分の実力と比べて劣化した」と感じるため自分の演奏を聴くことが苦痛でした。

ほとんど拒絶に近い反応をしていたように思います。

なので「これではいけない、こんな自分はダメ」と現状を受容できず、無作為に対処しようとしていました。でもそれはたいてい自分をさらに緊張させてしまう結果に。

そしてそれが僕の練習のパターンとなっていました。これでは下手を固めてしまうような練習。

しかし、この現状を受容しないことは、自分にとっては演奏の質をより良く保つための努力であるとしていました。自分を責めることで問題を改善せねばという気持ちを強めたり、劣化を防ごうとするのは当然正しいことだと。

 

自らを新しい体験に招待すること

 

新しいやり方を提示して、それを採用するかどうか選択・決断し、実際にやってみて、結果を検証する。アレクサンダーテクニークのレッスンで示されたこの手順は、自分の中の言葉で言うと「練習」というよりも「実験」でした。

現状を受容しないことで「練習」しなければに持っていく方法は、現状を無視して昔の(上手くいっている)感覚や音を取り戻さんとする、雲をつかむようなものでした。それに対し、

受け入れた現状に対し、今この場で自分がイメージできる・言語化できる・実行できるアイデアを提示して、実際に実行してみることで演奏への影響や関係を調べる。その言語化したアイデアをガイドにやってみる、やってみた結果どんなことが起きたかを観察する。このプロセスは、上達の無理強いではなく、自分を上達の道筋へと招待するような作業でした。

 

言語化したアイデアのガイドについていくことは、未知に遭遇するようなドキドキやワクワク、または不安定さを感じたりして、何かもっと「しっくりくる感覚」がないか探したくなります。しかし「しっくりくる感覚」は、自分にとって慣れ親しみのある感覚なので、馴染みのある習慣に引き戻してしまいます。それではガイドがすり替わってしまう。ズワイガニ食べ放題バスツアーに出かけて、サービスエリアで別のツアーバスに誤まって乗ってしまうようなもの。

むしろいつもと違う変な感じも違和感もOK、正しくできているかではなくやってみてみるとどんなことが起こるかなあに着目することが、新しい体験へと導いてくれる。

 

 

演奏に変化が起きても、自分の中で「何も変わっていない。状況は悪いままだ。」という声が聞こえました。

自分の演奏にどんなフィルターをかけているだろう?

新しい経験と出会い、受け取るため、つまり自分をそこへ招待するためにもう一度問いかけます。どんな違いがあった?どんな音だった?吹き心地や体のラクさは?ほかにどんなことでも気がついたことは?・・・現状を受容せず「結果の良し悪し」だけを判断したがる古いフィルターから、小さな変化や気づきを言語化する網の細やかなフィルターに付け替えます。

 

安全な場所であること

このような実験と観察をもとにして取り組んでいくためには、練習や演奏をしている環境も非常に大きく関わります。自分にとって安全と感じられる場かどうかは、とても大事です。例えば普段から周りに自分の練習や演奏を頼んでもいないのに批判する人がいたり、プレッシャーのかかる大事なリハーサルや本番ではこうした取り組みが難しいでしょう。自分が安心して取り組める場所や環境を整えたり、そういう意味で相性のいい先生や仲間を見つけることも積極的に捉えられるといいなと思います。

 

******************************************

メルマガ登録(無料)








◉自主練習のお供にどうぞ。無料メール講座。
無料メールマガジン登録    




◉演奏の姿勢や呼吸の悩みを相談。
対面レッスン(8月スケジュール)



オンラインレッスン  





執筆者 森岡尚之 もりおか なおゆき
芸大でアレクサンダーテクニーク教えてます。大学の専攻はトロンボーンでした。プロフィール

コメントする