クラリネット奏者との呼吸のレッスン①「お腹に息を入れる」について

クラリネット奏者との呼吸のレッスン①

 

 

先週の日曜日、アマチュアクラリネット吹きの方が相談に来られました。そこで行った「呼吸」についてのやりとりです。

話の大まかな流れはこんな感じ。

 

✔︎お腹に息を入れようとするイメージ

✔︎実際は、息は肺に入る

✔︎息を吸う動作=肋骨を動かす。

✔︎肋骨を動かす筋肉

 

▷上記内容がなんか気になる方、息を吸うことと肋骨?って思った方、息が吸えてない感じがして悩んでる方ぜひ一度読んでみてください。

 

 

************************************

 

 

◉お腹に息を入れようとするイメージ

 

 

ブレスを取るときに、本人はしっかり息を吸おうとしていますが、それがなんだかそれほど吸えてない。こちらから見ていてもブレスする時の努力量は大きく見えるけど、実際に吸えた息の量がそれに見合っていない。

 

 

ところで、息を吸おうとするときに、どんなことを意識していますか?

 

と、聞くと、

 

「お腹に息を入れようとしています。」

 

 

 

この、「お腹に息を入れようとするイメージ」は吹奏楽部などでも先生から生徒に、先輩から後輩に語られることが多い言葉のひとつかなと思います。しかし、このイメージが返って息を吸う動作を不利にしてしまっているケースを見ることも少なくありません。

 

 

この方とのレッスンでは、

 

「息をお腹に入れようとするイメージ」が息を吸うときには不要な「腹直筋」という筋肉を過剰に働かせているかもしれない。という過程からより多くの息を楽に吸えるためのヒントを模索していきました。

 

(ちなみにこれまで印象的だった呼吸の指導は、息を腰のあたりに入れるだったそうだ。レッスンが終わってから、もしかして腹直筋を働かせること起きる背中・腰あたりのストレッチと「腰辺りに息が入る感覚」を得ようとしていたのかも。と思いました。)

 

 

 

 

◉息は肺に入る

 

さて、そうは言っても実際に息を入れるところは「肺」。

 

「お腹に入れる」を文字通り意識してらっしゃったようなので、今度は実際に息の入るエリアをイメージしてもらいます。

 

 

※黄色い線で囲っているところが胸腔(きょうこう)といって実際に息が入るところ。肺はここにあります。

 

赤い線は横隔膜のある辺りを示しています。「お腹に息を入れるイメージ」を文字通りやろうとすると、この横隔膜より下の腹部(内蔵のあるところ)に息を取り込もうとすることになってしまいます。

 

息は腹部には入りません。

 

 

ー を 朝 確 00 な 
黄 色 で 囲 っ た と こ ろ ・ → 第 腔 ( 息 の 入 る エ リ ア ) /

 

 

▷思ったよりも上まで息が入る!

 

胸腔(空気が入るエリア)を取り囲んでいるのは肋骨です。1番高いところにある肋骨は鎖骨の付け根あたりのところにあります。この辺りにも空気が入ります。

 

今回のレッスンでは「肋骨の上の方、鎖骨の付け根あたりの高さに息を入れようと思ってみて息を吸ってみてください」と言うと、息を吸う動作が大きく起こるようになってきました!

 

 

 

 

◉息を吸う動作=肋骨を動かす。

 

 

 

 

 

 

 

息を吸う動作は、肺を取り囲んでいる肋骨を動かして胸郭(イラスト)の中の広さを拡げる動作とも言えます。肋骨一本一本は背中側で脊椎と関節を成しているので動けるような仕組みになっています。

 

 

▷手で肋骨あたりを触りながら呼吸して、動きを確認してみる!

 

今まで息がお腹に入れるもんだって思ってたから無理もないかもしれませんが、「動くんですねえ!」驚きと発見がありました。

 

 

 

◉肋骨を動かす筋肉

 

さて、このように肋骨を動かす筋肉は、息を吸う動作のために働く筋肉、吸気筋といわれます。

 

主な筋肉→横隔膜、外肋間筋と補助的に働く筋肉のついているところを赤くマークしてみました。(補助筋と外肋間筋は右側にも同じようについています)

 

 

 

▷こんなに吸えるんですね!びっくりしました。

 

この生徒さんと一緒に実際に息の入るエリアの確認、そこへ息を入れるための身体の動きの確認をして、吸ってもらうと本人もびっくりするくらい息がたくさん吸えたそうです!

 

 

こうした管楽器奏者の方との呼吸レッスンもやっています♪








◉自主練習のお供にどうぞ。無料メール講座。
無料メールマガジン登録    




◉演奏の姿勢や呼吸の悩みを相談。
対面レッスン(8月スケジュール)



オンラインレッスン  





執筆者 森岡尚之 もりおか なおゆき
芸大でアレクサンダーテクニーク教えてます。大学の専攻はトロンボーンでした。プロフィール

コメントする