望みに焦点を当てることが問題の解決、延いては望みを叶えることに繋がる

森山広さん ツィンク奏者

まず、10回に渡るレッスンを受ける機会を与えて下さったことに御礼を申し上げたいと思います。それは、レッスンを通して“問題の解消”ではなく“望みを叶える”為の非常に有益な情報とその道筋を授けって下さったことにどれだけ救われ、これからの音楽家人生に光を見出したか、大きな感動と驚きを持ってお伝えする為です。

これまで、演奏中の痛みやしんどさを奏法的問題を感じた時は、痛みやしんどさといった“問題”に焦点を当てていました。それは上手くなりたいとか、自由に演奏したいという目的があったからですが、いつしか、「問題を取り除くこと」が目的になっていました。しかし、それを目的としてしまっては、問題が解消されてもまた次の問題の解消に四苦八苦するという負の循環を繰り返すにすぎません。もう何年もその循環の中から出られずにいたのです。そこでやっと自分の望み(目的)を思い出しました。そもそも上手く演奏することや自由に奏でることも本来の目的ではなく、自分の思い描いている音楽を奏でることこそが、幼い頃からの望みであったことに気が付きました。そして、その望みに焦点を当てることが問題の解決、延いては望みを叶えることに繋がるのだと教えて頂きました。

すでに、演奏面での変化は表れています。アタックや運指も随分と快適になりましたし、レッスンでは今までのやり方と新しいやり方を自分の意志で選べるということも学びました。これは僕にとって非常に大きな意味があることです。今まで、どうしても悪い癖との葛藤がありました。しかし、その時々で自分の意志で今までのやり方か新しいやり方か選べる、その選択を意図的に行えると知ったことで、楽器の演奏だけでなく、生活のあらゆる面で良い変化が起き始めています。








◉自主練習のお供にどうぞ。無料メール講座。
無料メールマガジン登録    




◉演奏の姿勢や呼吸の悩みを相談。
対面レッスン(8月スケジュール)



オンラインレッスン  





執筆者 森岡尚之 もりおか なおゆき
芸大でアレクサンダーテクニーク教えてます。大学の専攻はトロンボーンでした。プロフィール

コメントは受け付けていません。