姿勢を正さないといけないという固定的な概念が、呼吸を苦しくしていた

 

吉岡祐樹さん トロンボーン奏者・吹奏楽指導者

今回アレクサンダー・テクニークを受講させて頂く中で、一番良く印象に残ったのは、「肋骨が骨盤よりも前に出る事を許す」でした。 「肋骨が骨盤よりも前に出る事を許す」を教わった瞬間、自分の身体の空間が開放され、自由に呼吸が出来る環境が整ったことを実感しました。私自身、トロンボーン奏者として活動する中で、本番中には「姿勢を正さないといけない」という固定的な概念があり、緊張すればするほど背筋が伸びてしまう、それは仰け反るほどに、しかしなぜだかそうする度に、呼吸が苦しくなっていくのが一つの大きな悩みでした。結果としてよい方向に進んでいるので、活かせていると思います。起きたとき、歩いているとき、楽器を吹いているとき、子供に指導をしているとき等、頭が自由に動けるようにしてあげるとどうなるか、それによって身体にどんな影響を及ぼすか、自分でも実験したくなりました。

森岡さんは「なんでも気軽に話せるお兄さん」というのが率直な感想です。 私が日常生活で生まれたちょっとした疑問など、おそらく中身の薄かった内容でも耳を傾けてくださいましたし、教え方の構成もシンプルでわかりやすくすーっと自分の中に入ってくる印象で、自分も指導者として活動しているのでとても参考になりました。

レッスンを受ける以前から、アレクサンダーテクニークに関する著書を何冊も読んでいたので、ある程度の知識はあるつもりでしたが、実際にレッスンという形で、自分の身体で試したときに、大きな感動がありました。ありがとうございました。

 








◉自主練習のお供にどうぞ。無料メール講座。
無料メールマガジン登録    




◉演奏の姿勢や呼吸の悩みを相談。
対面レッスン(8月スケジュール)



オンラインレッスン  





執筆者 森岡尚之 もりおか なおゆき
芸大でアレクサンダーテクニーク教えてます。大学の専攻はトロンボーンでした。プロフィール

コメントは受け付けていません。